忍者ブログ

私は草野球のプレイングマネージャーをしています。強いチームを作るために必要なことや、ルール、技術などについて語りたいと思います。

2017.08┃ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
HOMEルール・守備編の記事
2017-08-19-Sat 08:46:53 │EDIT
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009-04-05-Sun 02:26:13 │EDIT
打撃妨害とは、打者のスイングした時のバットが捕手のミットや手に当たった場合の事です。
 捕手が通常の位置で捕球していればこういう事はなかなか起こらないのですが、捕手が送球を焦って前に出過ぎた場合などに起こる事があります。

 それから、捕手がボールを持たずに本塁上またはその前方に出た場合も打撃妨害となります。

 この場合、審判は『打撃妨害』(またはインターフェアー)とコールします。
 (打撃妨害にも関わらず打者が打つ事もあるので、タイムをかけるのはプレーが一段落ついた時とします)

 そして、この打者は1塁に行く事が出来、塁上の走者は、自動的に進塁出来る走者以外は、スタートを切っていた(盗塁を企てていた)時のみ、進塁できます。

 つまり、走者1・3塁の時に打撃妨害があった時は、打者に1塁が与えられ、1塁走者は自動的に2塁に進めますが、3塁走者はホームスチール等でスタートを切っていない限り進塁出来ません。
PR
2007-04-22-Sun 12:46:43 │EDIT
打撃妨害について、解説します。

・打者がスイングに入った時、捕手が故意または偶然に打者の打撃行為を妨害した場合には、打者に一塁が与えられる。

※例
・バットにミットが当たった場合
スポンサードリンク!
プロフィール
HN:
なわたろう
性別:
非公開
スポンサードリンク!
野球のルールブック
カウンター
アクセスランキング
ブログパーツ
野球のおすすめ本
Powered by 忍.jp Design by Alphaあるふぁ
Copyright © 2006 初心者のための野球講座!(ルール、打撃、守備、投球、球種、フォーム) Some Rights Reserved.
http://bbfrom30.blog.shinobi.jp/%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E5%AE%88%E5%82%99%E7%B7%A8/
忍者ブログ[PR]