忍者ブログ

私は草野球のプレイングマネージャーをしています。強いチームを作るために必要なことや、ルール、技術などについて語りたいと思います。

2017.10┃ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
HOME日記の記事
2017-10-24-Tue 14:34:22 │EDIT
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011-01-09-Sun 23:39:13 │EDIT
銀行の融資評価は少しずつ収益還元法になりつつ
あるようです。

すなわち、単純に土地や建物の価値ではなく、それ
がどれくらい収益を生み出すかによるものです。

妥当な評価と言えます。

そういう物件が評価されるようになれば、ワンルーム
だって十分に可能性が出てきます。

ただ、土地はなくなりませんので、簡単にはいかない
でしょう。

でも基本の考えは、収益性が大事です。
お金を生むものが資産ですから。

あとは借りる本人のキャッシュフローが大事でしょう。

時代は変わりつつありますね。
PR
2011-01-09-Sun 23:38:46 │EDIT
投資は大きく分けて二種類に分類されると思います。

・借金なし
・借金あり

借金なしは、貯金をはじめ、株・投資信託などの金融
商品をキャッシュで買うことです。

元本保証からそうでないものまでありますが、損の率
は低いです。

紙切れになるだけで、返済が残ることはないからです。

一方の借金ありは、不動産が代表的で、銀行の融資
を受けて投資します。

これはリスク大きく、下手するとマイナスのキャッシュ
フローになります。

投資初心者は十分なキャッシュフローが得られるまで
は借金なしで投資すべきと考えます。

それからでも借金ありは遅くありません。
2011-01-09-Sun 23:38:21 │EDIT
不労所得からの毎月の自動積立がついに1万円の水準に
達しました。

これはだいぶ進歩です。
不労所得で貯金ができてしまうのです。

不労所得が安定して1万円以上得られるようになったため
そこから毎月1万円再投資することにしました。

不労所得の積立をこの調子で増やしていけば、資産が次
から次へと増えていきます。

楽しみです。
2011-01-09-Sun 23:37:56 │EDIT
勤労所得がある間は、不労所得には手をつけず資産を増やす
ことに専念した方がいいでしょう。

不労所得の収入は、極力再投資することが大事です。
複利の効果もあり、加速度的に増えていきます。

いずれ不労所得が増えてくると、

勤労所得からの投下資金が不要となり、勤労所得は自由に
使用できるようになります。

早くそういうサイクルにするためにも、不労所得に手をつけず、
再投資していくべきです。

私も現在毎月5,000円~10,000円を自動的に再投資するように
しています。

サラリーの減少により、貯金ができないなどの余裕がないとき
でも増えていく仕組みを確立しているのです。

これも、「不労所得が不労所得を生むサイクル」の恩恵ですね。
2011-01-09-Sun 23:37:28 │EDIT
勤労所得と不労所得の使い道は、以下のようにしたいと
思っています。

・勤労所得
 2/3を生活費に、1/3を貯蓄(資産購入資金)

・不労所得
 1/3を贅沢品に、2/3を再投資

勤労所得がある間は不労所得は生活費に使わないのが
ポイントです。

基本は贅沢をしないことが重要ですが、不労所得の1/3
は旅行などに充てたいと思っています。
2011-01-09-Sun 23:36:52 │EDIT
毎月30万円の不労所得が得られるまでは無借金経営
をしたいと思います。

毎月30万円が安定して得られるようになれば、自信が
つき本格的なビジネスに乗り出せます。

それまでは、勉強期間だと思って知恵を絞り、トライ&
エラーを繰り返しノウハウを蓄積していきます。

ネットと不動産に収入の柱を少しずつシフトしていけれ
ばと思っています。

まずは、ネットで月収10万円は欲しいところです。
その前に、1万円を達成しないと。

頑張りますので、これからも応援よろしくお願いします。
2011-01-09-Sun 23:36:24 │EDIT
投資初心者にお勧めは商品は、やはり投資信託が安全
だと思います。

リートも投資信託経由が安全でよいと思います。
そこそこ分配金が得られます。

特に30代はお金のかかる時期のため、いざというときの
ための換金がすぐにできるというのが安心です。

また、ゼロになるリスクや持ち出しリスクも可能性として
かなり低いでしょう。

不動産のように赤字になることはない、分散しているため、
株と比べてリスクが低いです。

また、FXみたいにレバレッジがないのも安心です。

あとは買う時期を間違えないことです。
そうすれば、もっと安全に運用できると思います。

キャッシュフローに十分余裕が出てきたら不動産投資へ
という流れがよいと思います。

FXよりも、不動産の方が相場が読みやすく初心者向きと
言えるでしょう。
2010-12-31-Fri 17:34:48 │EDIT
最近、野菜の値段が高騰しているようです。(妻談)

祖父が農業は絶対やるべきと昔から言っていたの
を思い出します。

"いつか食料不足になるから"と。
そんな時代もそう遠くないかもしれませんね。

農業をなんとか再生したいと思っていますが、
現実的には小規模な農家は厳しいようです。

なんせ、経費がバカになりません。

この難問にどう立ち向かうかは私の永遠の課題で
あります。

お金がかかるので、農業がまわせるように他収入を
きちんと得ておきたいところです。

2010-12-31-Fri 17:33:59 │EDIT
あっぷふぁーむ

都会にいながら、農業を営むことが可能なビジネスです。
なんと、設備費いらずで自分の水田を持てます。

都会の人は自分の水田で取れたお米を仕入れることが
できます。
一方、田舎の農家は水田の維持ができます。

双方にメリットがありますね。

1アール単位で契約できるのも魅力です。
1アール3万円、玄米45kg保証
2010-12-31-Fri 17:33:18 │EDIT
世界の人口増加にともない、食料不足が深刻に
なりつつあります。

そのうち、輸入できなくなるかもしれません。

そうなると、自給率の低い日本は生きていけない
でしょう。

農業は一度辞めたら、すぐに始められるものでは
ありません。

誰かが、今引き継がないと非常に危険な状態に
なります。

農業ビジネスは絶対に注目です。

2010-12-31-Fri 17:29:52 │EDIT
社長が一般的に一番上に見られますが、オーナー
がもっと上になります。

お金持ちになりたりければ、オーナーになることが
大事です。

社長は経営に対して、常に責任を負う必要があり、
オーナーよりも大変です。

資金面ではオーナーが大変ですが、、

投資家・オーナーという考えが日本に浸透するのは
これからでしょう。

先進国では当たり前の考えです。

オーナーを目指しましょう。
ただ、社長もしないと、人生がつまらなくなるので
現役でできるうちは、社長も経験しましょう。

その経験が、投資家・オーナーとしてもプラスに
なるはずです。

2010-12-31-Fri 17:28:42 │EDIT
不景気こそ、投資の最大のチャンスであるを
モットーに。

好景気は何もせず、貯蓄をしましょう。

そうすれば、自然と増えます。
リーマンショックで学んだことです。

会社経営も同じですね。

2010-12-31-Fri 17:27:51 │EDIT
不動産・REITの収入を増やしたいと思います。

2011年は、最低でも毎月1万円のレベルに。
そうなれば、安定します。

株・投資信託:毎月1万円~
不動産・REIT:毎月1万円~
ネットワーク:毎月1万円~

早く達成したいです。

不動産・REITが4000円なので、これを増やし
たいと思っています。

コツコツと。

2010-12-31-Fri 17:27:18 │EDIT
毎月の不労所得がいくらあればよいでしょうか。

私は5万円が最初の一歩と思います。
3万円では少し物足りないでしょう。

5万円あれば、毎月そのお金で株が変えます。
数ヶ月我慢すれば、数十万円にもなります。

そうなれば、不労所得のみで投資ができるよう
になりますね。

5万円を目指しましょう。

2010-12-31-Fri 17:26:23 │EDIT
不労所得で不労所得が買えるサイクルを早く
作りましょう。

労働所得からの支出がなくなれば、お金持ち
を加速させます。

月5万円くらいになれば、かなりの不労所得に
なります。

年間で、60万円相当の不労所得がさらに購入
できるのですから。

株で言うと、結構買えますね。

スポンサードリンク!
プロフィール
HN:
なわたろう
性別:
非公開
スポンサードリンク!
野球のルールブック
カウンター
アクセスランキング
ブログパーツ
野球のおすすめ本
Powered by 忍.jp Design by Alphaあるふぁ
Copyright © 2006 初心者のための野球講座!(ルール、打撃、守備、投球、球種、フォーム) Some Rights Reserved.
http://bbfrom30.blog.shinobi.jp/%E6%97%A5%E8%A8%98/?pageNo=3
忍者ブログ[PR]